人々の毎日を支える剛い縁の下の力持ちとして

鉄骨構造物とは、鉄骨を用いて築き上げた建築物のことです。
剛工業では平屋から高層ビル製作・取り付けを請け負っています。
また、新築工事だけを手掛けるのではなく、近年話題になっている地震などの災害対応として、
既存建物の耐震補強工事なども数多く手掛けております。

そもそも、“鉄骨構造物は耐震性に優れ、柱と柱の間隔(スパン)を大きく確保でき、
その後の増改築もやりやすい”
といったメリットがあるほか、コストや工期などのバランスも非常に良いのが特徴です。
品質においても非常に厳しく厳密で、鋼材検査証明書(ミルシート)の提出はもちろん、
製作途中で必ず行う製品検査であったり、第三者機関による溶接部分の超音波探傷検査など、
さまざまな検査過程を経てようやく製品化されていきます。

剛工業では、敷地条件も良くデザイン的な観点からの構造のクセもない建築物はもちろんのこと、
変形地・狭小地などの条件による柱折れ(セットバック)など、
さまざまな条件での製作及び現場をクリアしてまいりました。
耐震補強工事などは特に、難条件の物件も多くありますが、全て手掛けてまいりました。
剛工業では鉄骨構造物の施工は、製品の性能や品質に関する一定の審査をクリアしている
「国土交通大臣認定工場」の“Hグレード”を取得
しており、あらゆる条件下での実績が数多くありますので、
是非一度ご相談いただければ、魅力ある構造物と安心をご提供できると思います。